不安定な収入の状況での生活費

個人事務所を運営しており、年収は毎年大きく異なります。
不安定な収入の立場で長年過ごしていくためには、最低な収入時にも無事に過ごせるくらいに生活費を抑える必要があります。
収入が大きくなっても、最低限の生活費を維持することで、収入が少なくなった時に無理なく過ごすことが出来るのです。一度大きくなった生活費を小さくすることは、とても難しいことなのです。

このような理由で、最低の生活費により、実家で毎年過ごしています。
「家賃0万円・光熱費0万円・携帯代とインターネット(プロバイダーとホームページサーバー)で1.3万円・食費0円・教育費0万円」、「酒と煙草1.5万円という具合です。

課題は、年収が少ない時は、何も考えずに出費を抑え、この生活費を維持すればよいのですが、収入が急激に増えた時に、仕事の広がりとともに人付き合いが広がり、交際費が急増することがあることです。

交際費を抑えることには、強い意志と工夫やアイデアが必要となります。単純に交際を減らすと、仕事に支障をきたします。
年収が増えた時には、飲食を伴う夜の交際頻度が高くなることはもちろんですが、自然と行く飲食店のレベルも変わり、高額な店に行くようになります。
そのような行動を取る時の理屈は、将来への投資です。仕事が順調なときには、企業の経営者や要人との付き合いが多く、その方々の年収も高額なので、その方々の行く店に合わせると身の丈に合わない店に行く機会も多くなります。

また、そのようなレベルの仕事関係の人の中に結構多いのが、夜の飲食時に仕事に関わる重要な対話をしたがる人がいるからです。そのような活動で世の中が動いていると言っても過言ではありません。

しかし、この対処を誤ると、いつになっても貯金ができず、将来への投資だけ永久に行う貧乏な人生となってしまいます。

数年前からそのような状況を避けるためのアイデアを実行しています。
そのアイデアは、夜の飲食での仕事関係の付き合いはなるべく行わず、互いに共通する趣味の活動の時間を取るようにすることです。互いの趣味と言っても、マニアックなものではありません。大抵の人が好きな音楽です。有名なミュージシャンのコンサートの鑑賞や、カラオケ店でもいいのです。

これらの活動の費用は、夜遅くまで銀座・六本木をはしごするよりはるかに安価なのです。以前、酔っぱらってクレジットカードをきり過ぎて支払いができなくなってしまったことがありました(クレジットカード支払えない)。滞納すると信用を失いますし、最悪の場合差し押さえですからね。もう二度とあんな経験はしたくありません。

体毛の自己処理の方法は剃刀か毛抜きです

結婚して五年目、体毛の自己処理の回数は減りトラブルが少なくなってはきていますがいまだに悩まされます。
自己処理の方法は剃刀か毛抜きです。

まずカミソリまけ。赤いぶつぶつになったり、カサカサになったり季節や体調によって変わるようにも思います。
生理期間中は肌が敏感なので剃らない方がいいと聞いたのですが、なぜかその期間に体毛がすごく気になってそりたくなってしまう。

腕とかは放置すると風になびくようになるのできずくとものすごくショックです。

そして皮膚の下で成長するこもり毛?膝や脇に多く見られるんですが皮膚の下でとぐろを巻いたように育ち時には化膿し、膿をもってできものの様になることもあります。

この毛の対処法は肌に水分をしっかり補給し出てくるのをまった方がいいと聞いたのですが気になってついつい引っ掻いたりしてだしてしまいます。

肌に良くないなとは思うのですがしてしまいます。
後剃り残しも気になります全部終わってかたずけもして、綺麗に剃ったつもりなのに残っている剃り残しは妙に目立って気になります。

さらに気になる部位は、Vラインです。剃るとチクチクするし、抜くとデリケートな部分なので赤く腫れたりブツブツになったりしてどうしたらよいかいまだにわからない状況です。

もう一つ気になるのは背中。夏だと背中が気になります。自分ではよく見れないし自分で剃っても剃り残しが逆に目立つような気がします。自己処理をあきらめパートナーにお願いしたこともありましたが今はしていません。

一度脱毛もしてみたいんですが、やはり主婦の私が簡単に行けるようなところでもないですしね。

旦那に行っても絶対に反対されるだろうし。。。さすがにお金を借りるわけにもいかないしな…

とか言ってちゃっかり調べちゃいましたがwww

あ~脱毛して綺麗になりたいな!!

ローンの支払いで自分にお金が掛けれない。

役10年前に、自分で事業を始め、最初の頃はうまくいかず、支払いなどは事業者ろーんを組んで支払いをしたりしていました。

その返済がまだ残っているので自分のお給料も最低限しか取っていないため、自分に使う余裕もない状態で生活をしています。

しかし、コンプレックスはコンプレックス・・・

自分の中でコンプレックスと思っていることは、まず、髪の毛です。

ものすごいくせ毛で剛毛なんです。

毎朝寝癖との格闘になっています。梅雨時は髪が爆発することもしばしばですし。。。

仕方なく常に髪を短くしているが、直毛でサラサラの髪の人をみると、本当にうらやましいと思いますね。

髪型が全く決まらないので、本当に困ってるんです。

髪が柔らかくなるシャンプーやトリートメントなど、いろいろ試したのですが、結局根本的には解決していません。。。

以前は縮毛矯正などもやっていたのですが、毎月毎月お金がかかりすぎてやめてしまいました。

次のコンプレックスは、目です。

一重のつり目で、腫れぼったい感じの目で、目つきが悪いと言うか、絡まれることもあるので、これも何とかしたいと思っているのですが、今のところはどうすることもできないでいます。

一時は二重になる液体などもつけていたりしたが、どうしても不自然になってしまい、やめてしまいました。

もう一つは、唇です。

これも腫れぼったいタラコ唇なのです。天然パーマ、一重、タラコ唇の三重苦であり、当然モテないし、日常生活でも何のメリットもありません。

手術して変えようとも思いましたが、お金もかかるし、失敗したりするリスクを考えると、どうしても躊躇してしまいます。

あとは、歯並びが悪いというのもありますね。これも直したほうが良いのかもしれませんが、今のところそのままになっています。

はっきり言ってかっこ悪いというか、変な感じはしているが、もう中年だし、今更そんなことにお金をかけても仕方ないと言う気持ちになっているところです。

 

 

家事参加してほしいのです

結婚1年未満の新婚です。
夫に対しての不満が休日になると溢れてしまっています(笑)!

ストレスなのか不満が爆発しているのか季節的なものなのかわかりませんが、最近顔が荒れてパサパサ!!顔の保湿をしっかりしているつもりなのですが、間に合っていないのかな・・・

それともストレスが無くなったら綺麗な肌に戻るのかなぁ。。。
新婚当初はまだ働いていなかったので家事全般は私が担っていました。
そして仕事をはじめてからもそれは変わらず。
洗い物をしてほしいとたまに頼んでも「気が向いたら」とか「まだしなくても大丈夫」なんて言うんです!
あまりにも家事に参加してくれないのでそう話したら、役割分担を決めてほしいと言われたので役割分担を考えたのですが(それも夫の負担が2割程度のもの。)、それも守られていないのが現状です。
なんと言うか、しないならしないで別にいいとしたとして、そのぶん休日の朝にコーヒーを入れてくれるとか。そんな優しさで補って(?)ほしいんです。
周りの友達は家事参加してくれている旦那様が多く、指をくわえて羨んでいます。ほんとにうらやましい!
夫の家事参加率は14%というニュースを目にしましたが、そんなものなのかな、私が望み過ぎなのかなと考えてしまいます。
結婚前からこの人は家事全然しないだろうなと思っていましたが(笑)、本当にその通りでした。結婚したら変わるというのは都市伝説だと思います。
毎日仕事してもらっていますし、(私も働いていますが。)お金の使い道について細かく詮索もしません。良い夫なのは重々承知しています。でも、不満に思っちゃうんです。

そんな風に思ってしまう私自身も嫌なので、少しでも夫に手伝ってもらって、このイライラを解消したいです。

汗っかきには夏はつらい季節だけれども

私の夏場の悩みと言ったら何と行っても汗です。
私はとても汗っかきなので夏場はひたすら汗をかき、それをタオルでぬぐって過ごしています。

今は自室で扇風機の首を固定してずっとその風を浴びているのですが、それでも汗は変わらず流れ出てきているのでした。

冷房利かせれば良いではないかと言われそうなのですが、私の部屋にはそれがなく、あったとしても冷房の風は好きではないのでつけません。
なので私はひたすら汗をかいて行くしかないのです。

あと坊主頭なので寝る時は頭からの汗ですぐに枕カバーを濡らしてしまいます。

そうすると不快なのでタオルを敷くのですが、それもすぐ濡れてしまうので、タオルをかけ直したり、頭の置く位置を替えたりして寝苦しい夜を過ごすこともよくあります。

そういうことに我慢しながら過ごすのでした。

その代わり、その汗を流すシャワーが格別です。
私は毎日寝起きと夕食前の二度シャワーを浴びています。

これで汗を落として洗い立ての衣類に着替えた時は無上の喜びを覚えるのでした。
こういう思いって汗をあまりかかない人には理解できることなのでしょうか?

汗っかきにしか分からないことなら少し自分の体質を許せるように思います(笑)

でも考えてみれば汗というのは体の体温調節やいらない物質を出すために出るものです。
なので汗がよく出るというのは健康な証拠なのかもしれません。

げんに私は健康にはなんの問題もなく過ごせているのですから。あと風邪対策でセサミンを撮るようにもしていますけどね。もしかして、汗じゃなくてセサミンおかげかな(笑)

臭いが気になるところですが、これは腋に塗ると臭いを抑えられる薬があるので大丈夫です。
これからも汗を拭き拭き頑張って行こうと思います。

羽のない扇風機が欲しい

私が今一番欲しいのは羽のない扇風機です。

もともと本格的に暑くなるまでは電気代節約のために扇風機で過ごすことが多く、ほとんど真夏にしか活躍させることが少ないのが自慢の我が家だったのですが、今年はそうもいきません。

昨年、子供が生まれ、部屋の中の安全に勤めているので扇風機を出せるような状う今日ではないと感じだしました。

もちろんエアコンでもいいのですが、あまりエアコンに頼りすぎても外の暑さに弱くなってしまいそうでどうも抵抗感があります。

しかし、従来型の扇風機では心配でなりません。

今子供は、ハイハイとつかまり立ちをするような活発な状況ですので扇風機なんて出した日には絶対倒したりして羽のところを触る可能性が高いです。

値段は扇風機に比べるとかなりの破格値にはなりますが、子供の安全の方が大事なので本気で購入を考えています。

今は夏冬兼用なものもあるようで冬も活躍できるのなら高くはないのかなとも思います。

ほんとうに悩みますが、今度電気屋さんに行って価格調査をしてから検討してみようと思います。

手が出せる値段なら安全策に買ってみようと思います。

でも何となく知っている限りでは、結構な額するんですよね。3~5万円はするような気がします。さすがに扇風機にこの値段は高いかな・・・って感じますよね。

羽のある普通のタイプだと5千円でそこそこのが買えますからね。

毎月生活費がカツカツ状態の我が家にとっては大きいです(*_*)

でも子供の安全を考えると・・・。仕方ないけど、今年の夏は奮発するしかないですね。まぁお金を借りるハメになりそうですが。。。

今年の夏が熱くないといいのですが、毎年暑くなっていますからそうはいかないですよね。

なんとかして心地いい生活をしないといけないので羽のない扇風機が欲しいです。

ダイソンが有名ですが国産の家電がいい気もするのでまずは情報を集めることから始めて行かないといけないですね。

暑くなるのももうすぐなので早急にしないといけません。

姑が私にキツイ。。。

私が生活していて不満に感じている事、それは姑の私に対する態度です。

もう何をするにもイチイチ口うるさく言われます。姑なので仕方ないのでしょうが、本当に嫌になります。

旦那は当然のことながら、私の事なんてかばってくれませんし。。。

結婚前は、何か言われても守ってやる!って偉そうに言ってたくせに!!

あ~結婚なんてするんじゃなかった!!